職務経歴書でイメージアップに繋がる退職理由の書き方

転職で職務経歴書を書く場合、退職理由はどう書けば良いのか戸惑う人も多いでしょう。採用担当者が、直接会って話を聞きたいと思ってもらえる退職理由の上手な書き方をご紹介します。

務経歴書でイメージアップに繋がる退職理由の書き方

転職で職務経歴書を書く場合、どこまで退職理由は書けば良いのでしょうか?戸惑う人も多いでしょう。採用担当者があなたの職務経歴書を見て、直接会って話を聞きたいと思ってもらうものでなければ面接にたどりつけません。そこで、退職理由の上手な書き方をご紹介します。

書き方次第でイメージアップに

職務経歴書は、あなたの職務能力をアピールできる大切な書類です。しかも勤続年数が多いほどに重要な意味を持ってきますから、どのような仕事をしてきたのか、どのような立場で会社に貢献してきたのかを示すとともに、退職理由も書く必要があります。

たとえば、「これまで得たスキルを次の仕事で活かし、更なるキャリアアップを実現するために辞めた」という前向きな退職理由で、尚且つ次の仕事で成功していれば、計画的なキャリアアップという見方をされるでしょう。

ただ「退職」という書き方では、無責任な印象を与えたり、「詳しく書くことができない=ネガティブな退職理由」といった考えに及んでしまう可能性もあります。このように退職理由の書き方を工夫することで、あなたの誠意や個性も伝えることができます。

退職理由はシンプルに

では、退職理由はどう扱ったら良いでしょうか?退職理由を細かく書く必要はありませんが、どういった理由で退職するのか大まかな説明は必要です。例えば結婚や引越、進学など自分に起因する理由で退職した場合は、「一身上の都合」に加えシンプルに説明すると良いでしょう。

企業側に何か問題があり仕事を続けられなくなった場合、例えば倒産やリストラ、部署の閉鎖などは、「倒産により退職」あるいは「会社都合により退職」で構いません。ただし「会社都合」の場合、懲戒免職や論旨解雇など幅広い意味を含んでいますから、注意が必要です。契約社員の場合は「契約期間満了のため退職」で充分です。

ネガティブな理由を前向きに

採用担当者から敬遠される退職理由には、残業や人間関係などが挙げられます。このようなネガティブな理由を書くことで、かえって応募先に不信感を与えてしまい、「簡単に辞めてしまうのではないか?」などの不安を抱かれてしまう可能性があるからです。

「次の仕事に自分の能力を活かしていきたい」という前向きな意欲を伝えるためには、「生産性を重視した職場で働きたい」「優秀なメンバーと切磋琢磨しながら働きたい」「実績を評価される会社で働きたい」など前向きな転職理由に関連づけ、退職理由は多くても150~200字程度にまとめましょう。

転職回数が多い場合には

転職回数が多い場合には、すべて類似した理由を書いてしまうと、「また同様の理由で辞めてしまわないか」という不信感を持たれてしまいます。そのため、退職ごとに理由を書くのではなく、職務内容や目標が変わった場合、家庭の事情など、アピールできる理由や自分の人生の転機となる理由を書けば良いでしょう。

面接での説明を前提に

特に「自己都合による退職」では、転職理由について面接で説明を求められることを前提に、説得力のある退職理由の答え方を考えておきましょう。「こういうことがしたいので退職した」など前向きな気持ちを伝えることが大事です。現在持っている自分のスキルや職務経験を活かして、会社に貢献し長く働き続けるという意欲も忘れずに伝えましょう。

まとめ

職務経歴書は自分をアピールできる最初の場となります。多くの選考書類を読む採用担当者の立場に立って、分かりやすく適量にまとめることを心がけましょう。退職理由はシンプルに、逆にスキルや経験などアピールしたいことは積極的に伝え、メリハリのある職務経歴書であなたの魅力を存分に伝えてください。