[必勝!面接対策]面接で必ず聞かれる3つの質問と対策

面接で聞かれることは、パターンが決まっています。質問を通じて面接官が知りたいのは、経験と人柄、そして熱意。今回は面接でよく聞かれる3つの質問と対策を紹介します!

面接で必ず聞かれる3つの質問と対策

面接で聞かれることは、おおよそパターンが決まっています。質問を通じて面接官が知りたいのは、あなたの経験と人柄、そして自社への熱意。これらが企業の求めるレベルにあれば、採用される可能性が大きいと言えます。

面接の際に聞かれる質問には、必ず面接官の意図があります。その意図を理解しないまま答えてしまうと、マイナスのイメージを持たれかねません。どのような質問に対しても応用できる答えの組み立て方をご紹介します。

  • 質問を通して面接官が知りたいことは何かなど、質問の意図を理解する。
  • 応募企業の面接官が求めている答えを自分の中から探し出し、整理する。
  • 簡潔に自分なりの答えをまとめる。それを裏付けるような具体的なエピソードを答えの後に加える形で用意する。

このポイントを使えば、どんな質問にも対処できます。

では面接で必ず聞かれる3つの質問にはどのようなものがあるでしょうか?
具体的な対策とあわせて確認していきましょう。

具体的な質問事例とその対策

面接で必ず聞かれる質問は、「今までの経験」「転職理由」「志望動機」の3つです。

今までの経験

<質問例>
「今までの経験をお話し下さい。」

<面接官の意図>
今までの経験がどのぐらい自社で役に立つか、経験したことから何を学んできたか、どのような成功体験を持っているか、といったことを確認したいと思っています。自分のキャリアを客観的に捉えどのように説明できるかは、思考分析力、プレゼンテーション力も同時に測ることができます。

<回答の組み立て方>
応募企業で役に立ちそうな経験やスキルを整理します。その裏付けとなる業績や成功体験などのエピソードも合わせて整理します。内容は短すぎず長すぎず、適度なボリュームを心がけましょう。

転職(退職)理由

<質問例>
「転職(退職)理由を教えて下さい。」

<面接官の意図>
転職理由からあなたの仕事に対する姿勢や組織への適応力、人柄を見極めます。人間関係や体調不良など入社後に同じ問題が発生するリスクはないか、ネガティブな要因は細かく知っておきたいと考えます。業務への不満がある場合、やるべき業務を前向きに捉えてベストと尽くすことができるのか懸念されます。転職動機から物事の考え方捉え方といった性格部分も垣間見られると考えています。

<回答の組み立て方>
ポジティブな理由で転職に至った説明を心がけましょう。例えば応募企業でチャレンジできそうな内容に触れ、今後のキャリアビジョンを実現するためであることを伝えます。どうしてもネガティブな要因を伝えなければならない場合、どのような努力を行ったのか、体調面であれば今は既に問題ない状態であることなどを加えると良いでしょう。

志望動機

<質問例>
「当社を志望する理由を教えて下さい。」

<面接官の意図>
あなたが自社へ入社したいという本気度合いを測る、非常に重要な質問と考えています。自社の事業内容を十分に研究、理解しているか、企業理念を理解し自社の組織に適応する人材か、ありきたりではない深い動機があるのかを知ることは、内定を提示した際に受諾してもらえる可能性があるかという点で重要と考えます。

<回答の組み立て方>
面接を受ける前の事前準備が重要です。応募企業の事業内容や企業理念をよく読み込みます。その中であなたが興味を持ち共感できるポイントを探します。さらにあなた自身の経験や意見を交えながらオリジナルな回答を組み立てます。
また、面接官に本気度を伝えるために熱意を持って話すことが大切です。

質問の意図を理解し、ポジティブな回答を心がけましょう

面接官が面接を通じて知りたいこと、それはあなたの経験、人柄、熱意です。大切なのは質問の背景にある面接官の意図を理解することです。意図に沿ったポジティブな回答こそ、内定への近道となります。