[職種辞典]経理

経理の仕事はどの企業にも必要なポジションです。誰もが耳にしたことのある経理の仕事ですが、企業内における必要性や具体的な仕事内容を見ながら、その魅力と適性の見極め方についても解説します。

経理

経理の仕事はどの企業にも必要なポジションです。誰もが耳にしたことのある経理の仕事ですが、企業内における必要性や具体的な仕事内容を見ながら、その魅力と適性の見極め方についても解説します。

企業の中における経理の役割

企業は、日々の売買取引のほか、資金を銀行から借り入れる、といったような経済活動を行っています。そのお金の流れをルールに則り、正確に記録していくことが「経理」です。

これにより、企業の財政の状態が正確に把握できるとともに、今後の経営の目標や計画を立てることが可能になります。

具体的な経理の仕事内容とは

「経理」とは、出納業務から伝票の仕訳、決算書の作成までを指します。出納業務とは、銀行振込などの入出金を管理し、小口の現金を管理する業務です。また預金の残高管理を行います。仕訳とは、発生した取引を勘定項目ごとに貸方と借方に分類することです。

最終的にはこれらが月次、四半期、年次ごとにとりまとめられ、「決算書」となります。決算書は株主や債権者など、利害を伴うような外部に対し会社の財務状況を報告するためのとても重要な資料となります。

企業によっては「経理」と「財務」を同時に担当するケースもありますが、「財務」と大きく違う点は、「既に動きのあった出入金の管理」をするという点です。

規模によって担当する範囲が異なることも

企業規模によって、業務のボリュームが異なります。それによって担当する範囲も変わってきます。少人数の企業であれば、経理・財務すべてを一部署でまかなうだけでなく、総務部と兼任するケースもあります。

また、規模が大きくなると、経理、財務が別組織になるだけでなく、予算作成を行う経営企画部門や、上場企業であれば投資家に対して決算報告や経営戦略を説明するIR部門が別に存在する場合があります。それぞれが分業し、また提携しながら会社全体の数字が管理されています。

経理として働くための必要なスキル・適性

初めて経理の仕事に就く場合、特別なスキルや資格を有していないとできないということはありません。しかしながら、簿記や会計などの資格を有していれば未経験でも知識を保有しているとみなされ有利となるでしょう。

適性としては、日常的に数字に触れるため、数字に抵抗感が無いということは最低限必要な要素となります。数字を正確に照合する、日々同じ作業をコツコツと地道に積み重ねる忍耐力も大切です。

実際の作業はパソコンを使って行われます。経理業務は専用のソフトを導入しているケースが多いでしょう。しかしながら、独自に数字を取りまとめ集計する場合、エクセルの機能を使って仕事を進めることもあるため、エクセル知識を保有していればより仕事に役立ちます。

見落としがちなのがコミュニケーション能力です。経理というと、一日パソコンに向かって作業をしているイメージを持つかもしれませんが、他部署への確認や連携が多いためコミュニケーション能力はとても重要です。

経理の仕事の魅力

経理部門はどの企業でも必要不可欠な存在であり、会計のルールも企業毎の違いは無いため、経験を積めば転職市場でのニーズは高まります。
また、企業の経済活動である数字に直接触れるため、企業の経営状況を知ることができます。将来的には、経営戦略的な角度でものごとを考えるスキルを身に付けることも可能です。

まずは自分の適性を見極め、将来ビジョンを描いてみよう!

経理の仕事は、一度身に付ければ専門職として価値の高い職種です。もし自分に適性がありそうで、かつ自分の描く将来ビジョンに近い職種であれば、まずはトライしてみることです。その経験の積み重ねが、最終的にあなた自身の価値になるはずです。

イーキャリアJobsearchで経理の仕事を探す