[職種辞典] 3DCGデザイナー

映画、ゲーム、アニメーションから、車や建物など、あらゆる分野で3DCGで作成された画像や映像を見ることができます。今回の記事では、その画像や映像を制作する、3DCGデザイナーの仕事について紹介します。

2-2[職種辞典] 3DCGデザイナー

映画、ゲーム、アニメーションから、車や建物など、あらゆる分野で3DCGで作成された画像や映像を見ることができます。今回の記事では、その画像や映像を制作する、3DCGデザイナーの仕事について紹介します。

3DCGデザイナーとは?

3DCGデザイナーとは、コンピュータを使い、3次元の画像および映像を作成するお仕事です。活躍の場としては、映画やアニメなどの映像制作分野、テレビゲームや専用機でのゲームのほか、最近ではモバイル端末向けのゲームなどの分野が代表的です。

自動車や建物などの産業分野でも、デザイン、プレゼンテーションに利用されるなど、今後もあらゆる分野でニーズが高まっていくでしょう。

3DCGデザイナーとして仕事を行うためには?

3DCGデザイナーとして働くには、学歴や資格など、明確な基準があるわけではありません。しかしながら、採用されるにはデザインの経験や、専用ソフトの使用経験が問われることが多いため、美術系の大学または専門学校でCGデザインを学んでいることが有利となるでしょう。

資格に関しては、持っているスキルを裏付けるものとして文部科学省認定のCG検定がありますが、資格よりも使用ソフトの経験やセンスを重視するため選考にあたり作品の提出を求められることもあります。

3DCGデザイナーの適性

基礎となるデッサン力やデザイン力の素養が求められます。

また、3D画像および映像を制作するためには、専用のソフトを使えることが前提であることも多いため、最新のソフトに対する知識や、新しい分野を学ぶ好奇心があることが必要です。

特に3Dは様々な角度からデザインを分析し、細かい作業が伴うため、そういった作業が苦でないことも大切です。また、制作には時間がかかり、長時間PCに向かっていることが多いため、忍耐力、持続力といった点もとても大切です。

3DCGデザイナーの魅力

自分の携わった作品が世に出たときは、格別な喜びがあります。また、働き方の自由度が高い点も魅力のひとつです。在宅勤務が可能な企業も比較的多く、将来的に実力が伴えばフリーで働くことも可能です。

3DCGの需要は今後もあらゆる分野に拡がり、その技術進化のスピードは更に加速していくでしょう。最新の知識や技術を身に付けることができ、スキルアップ、キャリアアップに限界はありません。この職種を目指す人は、元々デザインが好き、という動機に基づいていることが多いため、好きなことに携わりながら成長していける充実感があります。

3DCGデザイナーの働く条件

年収について

企業規模や業界によってかなり異なりますが、一般的には300万~500万が平均的な年収です。専門性を求められる割に決して高い水準とは言えませんが、何よりも「好きなことに携われる」という魅力が大きい職種です。また、経験を積み実力をつけることで独立し高収入を得ることも可能です。

勤務形態について

納期間際など深夜にわたって仕事をすることもあるため、フレックス制を導入する企業が多いようです。

3DCGデザイナーの将来性

3DCGを利用する分野は、技術の進歩に伴い増えつつあります。CM、映画、ゲーム……etc.

多くのメディアにおいてCGの存在は必要不可欠なため、ニーズ消えることはないでしょう。しかし、技術の進歩によってデザイナーに求められるセンスや技術も必然的に高くなるため、常に新しい技術や情報をキャッチアップし、他のデザイナーとの差別化を図る必要があります。

あなたの感性と最新の技術 – 実力次第でやりがいが生まれる仕事

わたしたちの生活のあらゆる場面で目にする3DCGコンテンツ。デザインが好きで、成長意欲の高い方にとって、まだまだ進化を遂げる3DCGの技術に触れ、感性を発揮できる3DCGデザイナーの仕事は、とても魅力的な仕事です。

経験や実力次第ではフリーとして活躍することもできますので、独立志向の高い方や実力主義の方も、その感性や能力を活かしてみてはいかがでしょうか?