[職種辞典]Webデザイナー

PCだけでなくタブレットやスマホなどデバイスも増えている時勢を反映して、Webサイト企画や運営に携わるWebデザイナーの採用も増えています。身近な存在であるWebデザイナーの仕事の特色や転職のコツなどをご紹介します。

Webデザイナー

PCだけでなくタブレットやスマホなどデバイスも増えている時勢を反映して、Webサイト企画や運営に携わるWebデザイナーの採用も増えています。身近な存在であるWebデザイナーの仕事の特色や転職のコツなどをご紹介します。

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーとは一般的にサイトを制作する人を指し、クライアントのニーズに合わせてサイトをデザインして納品します。また単にクライアントの依頼を受けて制作するだけでなく、クライアントのイメージに合うデザインを提案しながら制作を進める提案型やコンサルティング型のデザイナーを指すこともあります。

Web制作会社や各企業のWeb制作部門、広告代理店などでWebデザイナーを募集していますが、最近では企業やお店のWeb サイトやネット専門のゲームサイト、自社ホームページやSNSの強化を目的とした求人が増加しています。

業務内容と仕事の流れ

一般的に、サイトの制作では企画からサイト構成、ページ構成、デザインと業務は進みます。サイト制作の工程の中でも、Webデザイナーが担当するデザインやHTMLなどで組んでいくコーディング作業は終盤になります。そこで、サイトの内容を踏まえてより効果的なデザインを考えることが重要となります。

また技術面では、ブラウザの違いやアクセスするOSの違いで起こる表示の差をできるだけ統一するだけでなく、目的の情報に素早くアクセスできるようにファイルを効率よくまとめ、データ容量を極力減らす技術も求められます。

そのためWebデザイナーの求人では、Photoshopや Illustratorを用いた画像編集、Dreamweaverを用いたコーディングが条件になっていることが多く、HTMLやCSSの知識、場合によっては運用まで求められることもあります。

職場によって異なる仕事内容

Web制作会社やデザイン会社でクライアントのサイトを制作する場合は、クライアントの要望をくみ取った上で、自分のセンスや意見を出すことが求められるので、独自の創造性を活かすだけでなく課題解決力や提案力も磨きたい人に向いているでしょう。

一方、自社で運営するサイトのWebデザインを担当する場合は、サイトに深く関わっていくことができます。ユーザーの反応をダイレクトに感じることができ、企業によってはサイトの運営にも関わることができます。

会社によって求められるスキルや仕事内容はそれぞれですので、応募の際には事前に確認しておきましょう。さらにスキルと経験を積めば、独立してフリーランスでも活躍できます。

Webデザイナーの転職でのアピールポイント

転職の際、Webデザイナーのアピールで重要となるのは、制作したサイトの内容を視覚的に伝えることです。そのためにポートフォリオ(作品集)サイトを制作して、書類選考ではプリントアウトして必ず提出します。

多くの場合、ポートフォリオサイトが一次選考の材料となり、面接に進めるかどうかを左右すると言ってもいいでしょう。面接では、企業が求めるスキルと自分の強みとの接点をアピールして、企業にプラスになる人材であることをアピールしましょう。

未経験で転職する場合

ブログやアフィリエイトなどをプライベートで使い慣れている人など、Webデザイナーへの転職を考えている人も少なからずいることでしょう。転職の際には最低限のスキルが必要ですから、転職支援サポートのある専門学校でデザインや制作スキルを学ぶほか、ソフトを購入して自分で使いながら勉強したり、アシスタント的な立場で始めてスキルや経験を積んでいく方法もあります。

いずれにしても新しいスキルを習得する情熱とクリエイティブなセンスを磨くことが重要です。最近では「コーディング全般」、「Flash作成」、「イラスト作成」、「画像処理」、「記事作成ライター」など、専門技術に特化した募集要項が増加の傾向にありますから、Webサイト全体のデザインではなく一部から始めるといいでしょう。

まとめ

Webデザイナーは、専門的な知識や技術、クリエイティブ力が求められる専門職ですから、まずは自分の売りになる好きな分野でのスキルを磨き、少しずつ経験を積んで活躍の幅を広げていきましょう。

イーキャリアJobsearchでWebデザイナーの仕事を探す