福祉・医療・介護

福祉・医療・介護系職種は、人と関わる仕事が好きな人や、誰かの役に立つことにやりがいを感じる人に適しています。いずれも専門的な知識やスキルが求められる仕事です。従事するために必要な資格は職種によって異なります。高齢化に伴い、福祉・医療・介護系の求人も今後増えると予想されています。薬剤師・医師・看護師系では、薬剤師、医師・歯科医師、看護師、歯科衛生士・歯科技工士。介護・リハビリテーション科系では、ケアマネジャー、ホームヘルパー、介護福祉士、臨床工学技士・診療放射線技師・臨床検査技師、言語聴覚士(ST)・作業療法士(OT)・理学療法士(PT)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)。その他、臨床心理士 ・カウンセラー・セラピスト、管理栄養士、医療事務などの職種があります。

保育士

[職種辞典]保育士

[職種辞典]保育士

待機児童問題の解消、ワーキングマザーの活躍など、自治体や官民が協働して保育園の拡充が進められている昨今、保育士の仕事が注目を集めています。保育士の仕事について、必要な資格やその魅力などを見ていきましょう。

介護福祉士

[職種辞典]介護福祉士

介護保険制度の見直しや介護人材の確保・育成など、高まる介護需要へ対応するための改革を進めています。今回は、その介護の専門職の中のひとつである介護福祉士について解説していきます。