円満退職をするための退職の伝え方とタイミング

退職の手続きをスムーズに進めることは、転職活動を通して一番重要なポイントのひとつと言っても過言ではありません。退職の仕方は社会人としてのマナーを問われるだけでなく、今の職場の業務や人間関係にも大きな影響を与えます。

円満退職をするための退職の伝え方とタイミング

いざ退職を決めたとき、どのタイミングでどのように伝えたら良いでしょうか?

退職の手続きをスムーズに進めることは、転職活動を通して一番重要なポイントのひとつと言っても過言ではありません。退職の仕方は社会人としてのマナーを問われるだけでなく、今の職場の業務や人間関係にも大きな影響を与えます。

会社側は労力をかけて育てた人材を辞めさせたくはありませんし、予期せぬ人員不足により決まっていた事業計画を一から見直す必要が生じたり、直属の上司は管理能力を問われるなど、退職には問題が生じやすいものです。

だからといって現職の退職に時間をかけ過ぎるのには注意が必要です。特に次に入社する会社が決まっている場合、本当にその会社に入社する意思があるのか疑問を持たれ内定を取り消されてしまうことも考えられるからです。現職、転職先に及ぶ影響を事前に整理し、戦略的かつ慎重に退職の意思を伝えることが大切です。

今まで築いた人間関係はあなたの財産です。きちんと礼儀を尽くした上で退職すれば、その関係性が良好に続いていくこととなります。

退職の流れ

実際にどのように退職を進めていったら良いか、次の転職先が決まっている場合の退職を例に見ていきます。

  1. 新しい会社から内定をもらう。いつ頃の入社を期待されているか確認しておく。
  2. 今の会社の社内規定を確認する。
  3. 上司に退職の意向を伝える。了承されたら引き継ぎの指示を受ける。
  4. 人事へ退職に必要な手続きを確認し、書類を整える。
  5. 取引先や知人に対し退職の挨拶をする。
  6. 最終出社日に社内のお世話になった人へ挨拶をする。

どのように伝えるべき?タイミングは?

就業規則を確認し、希望の退職日から逆算した妥当な時期、遅くとも退職希望日の1ヶ月前までには直属の上司に切り出します。退職を切り出すタイミングも重要です。次の会社の内定をもらうなど、なるべく次の進路が決まった状態で退職意思を伝えましょう。その前に退職の話をしてしまうと、予定通りに転職活動が進まなかった場合など予期せぬ失業期間が生まれてしまうことも考えられます。

直属の上司が了承したら退職届を提出します。社内調整が行われ、正式にあなたの退職や後任、仕事の引き継ぎスケジュールについての指示があります。社内へ正式に退職に関する通達が出る前に周囲の人に退職の意向を伝えるのはマナー違反となりますので気を付けましょう。

どのような理由で退職意思を伝えるかはとても大切なポイントです。今の会社に不満があったとしても、それだけを理由に挙げるべきではありません。なぜならその会社に勤める人にとっては少なからず不快を招いてしまったり、印象を悪くして残りの在職期間の仕事にも影響を与えかねません。

他にも、引き留めにあい退職の引き金になっている要因を改善するという提案をされ、退職する必要が無くなってしまったら、あなたを評価して内定を出した新しい会社にも迷惑が及んでしまいます。退職を撤回する程度の動機であったなら、転職に労力をかけるより現職で問題を改善する働きかけをした方が良いでしょう。

では次に、印象を悪くすることなく、かつ納得してもらえる退職理由を考えてみましょう。

印象の良い退職理由の伝え方

円満退社のためには、前向きかつ納得感のある退職理由を伝えることが大切です。一身上の都合であるといって納得してもらえると良いのですが、それで認めてもらうことは難しいかもしれません。将来のビジョンを実現するために、今回の転職によるキャリアアップが必要であるということを伝えましょう。その際に、社内で希望する分野への異動の提案をされるかもしれませんので、キャリアアップの内容については具体的な説明を心がけましょう。

大切なことは、今の会社であなたが仕事を通じて成長させてもらったということを忘れないことです。感謝の気持ちも伝えることで、退職を受け入れられ辛い状況でも相手の気持ちを和らげ、気持ちよく送りだす準備を整えてもらえるでしょう。

円満退職はあなたの財産

どのように辞めるかは、どのように働いてきたかと同じぐらいとても重要なポイントです。それはあなたの常識力や人間性を問われるだけでなく、その後の新しい仕事やプライベートにまで影響を与えるものだからです。

転職をすれば必ず迎える「退職」という局面を円満に進めることで、これまで築いた人間関係をより強固なものにし、新しい職場で飛躍するチャンスを掴みましょう。