人事担当者のホンネ~採用担当者が応募書類で見ているのはスキルマッチと人間力

忙しい人事担当者があなたと会いたいと思わせる応募書類とは何でしょうか?それは募集しているポジションにマッチしたスキルを持っているかという「スキルマッチ」度と、企業が求める魅力的な「人間力」です。

人事担当者のホンネ~採用担当者が応募書類で見ているのはスキルマッチと人間力

応募書類を作成する時、大切なのは応募企業の人事担当者の視点です。忙しい人事担当者があなたと会いたいと思わせるコツとは何でしょうか?それは募集しているポジションにマッチしたスキルを持っているかという「スキルマッチ」度と、企業が求める魅力的な「人間力」です。

では実際に、応募書類のどの部分に「スキルマッチ」と「人間力」を見ることができるのでしょうか?

「スキルマッチ」をどう見せる?

一般的に、企業では人事担当者が人材ニーズの発生した現場の要求に応え、募集をかけます。まず人事担当者が判断するのは、現場が求めている経験やスキルを持っているかどうかです。

その対策として、まずは求人票の募集要項をじっくり読み込むことです。もしあなたの経験が募集要項全てに合致していれば良いのですが、完全に合致させることは実際は難しいため、応募企業が求める経験に近いものを整理します。募集要項に関連する経験は丁寧に、あまり関連のない経験は簡潔に書くなど、メリハリをつけます。

1.求人票記載内容と経験・資格のワードを一致させる

求人票にある「仕事内容」や「必要な経験、資格」欄で記載されているワードと、あなたの職務経験の記載を一致させるようにします。もし経験がぴったりと当てはまらない場合でも、求められているポジションに近い経験を引き出し強調します。

例えば、営業職への応募で実際に営業経験が無い場合でも、販売した経験や接客、社内外への交渉経験など、営業の業務内容に関連しそうな経験を前面に出します。マネジメントの経験が必要な場合は、チームやプロジェクトを動かすといった人を取りまとめた経験を強調します。

英語力が求められている場合は、具体的に英語力を示す資格を記載するとともに、どのような場面でどの程度の英語を使っていたか、わかりやすく説明します。また、資格を目指して勉強中であれば、取得見込み時期もあわせて記載するようにしましょう。

2.自己PRおよび志望動機で未経験内容をカバーする

募集ポジションに関連付ける具体的な経験が無かったとしても、自己PRや志望動機欄で未経験内容をカバーすることが可能です。なぜその仕事に興味があるのか、そのポジションに就くために具体的にどのような勉強をしてきたのか、といったことを自己PRとして記載します。また、経験が無い場合はそのポジションに応募した志望動機をしっかりと記載することはとても重要です。

「人間力」が感じられるポイントとは?

人事担当者は応募書類から、応募者の人柄、マナーなどの社会性や常識力、職務経験の一貫性や在職期間、退職理由などから推察される物事に対する取り組み姿勢、思考といったあなたの人間としての資質全般を読み取ることができます。この「人間力」が総合的に高ければ、社内の人間関係も円滑に進めることができ、長く定着して良いパフォーマンスを上げてくれるという期待を持つでしょう。

1.読みやすさや字の丁寧さに注意する

応募書類は正式な書類です。手書きの場合は丁寧かつ誤字脱字が無いように注意します。修正液や二重線を使っての訂正は厳禁です。例え小さな間違いだったとしても、新しく書き直すようにしましょう。また、カバーレター(添え状)を一緒に送ることでビジネスマナーを持ちあわせているという評価にも繋がり、印象が良くなるでしょう。

2.写真で清潔感や好感度をアピールする

写真から受ける印象は、応募書類の記載内容より具体的にあなたをイメージしやすいものです。ビジネス場面にふさわしい服装、髪型、表情で、できればスピード写真ではなくスタジオでプロに撮影してもらったものを貼付しましょう。

3.応募書類全体に一貫性をもたせる

学歴から職歴に至るまで、一連の経験や選択にひとつの筋が通っていることが大切です。もし前後の経験に一貫性が無かった場合、どうしてそのような選択をしたかという補足を加えると良いでしょう。職歴が短い場合は、その理由を記載します。退職理由を記載する場合は前向きな理由にします。記載することによってかえってマイナスに映ってしまう内容であれば書かない方が無難です。

応募企業の情報をつかみ、魅力的な人材と思わせることが大切

あなたの書類が人事担当者の目に留まり、面接のチャンスを得ることは、転職活動をする上でとても大切です。
人事担当者の視点に立ち、募集内容にあなたの経験を近づける記載を心がけましょう。
そして、一緒に働きたいと思わせるような好感度の高い魅力的な人間性を表現することで、面接の機会を手に入れましょう。