在職中の転職活動をスムーズに進めるコツ

在職中の転職活動では、周囲に対する気配りが重要となります。そこで、在職中でもスムーズに転職活動をしていくためのポイントを紹介しましょう。

在職中の転職活動をスムーズに進めるコツ

在職中の転職活動では、周囲に対する気配りが重要となります。そこで、在職中でもスムーズに転職活動をしていくためのポイントを紹介しましょう。

転職意思を公言する時期に注意する

転職の理由は人それぞれですが、転職はあくまでもあなた個人の意思によるものですから、在職している限りはその会社に迷惑がかからないように配慮することが大前提です。そのため転職が決定するまでは、時期をふくめて公言しないほうがいいでしょう。

会社によっては退職についての開示ルールがあるので、それに従って公言せず、上司や人事のみと相談するなどの注意が必要です。たとえキャリアアップが目的であっても、「辞めたい」など口外することで、周囲に不安を与えたり、意欲の低下を招いてしまことがあるからです。

最後までこの会社にお世話になったという感謝を忘れることなく、誠意ある姿勢を崩さないことが重要です。

公私の時間を分ける

就業時間外に転職活動を行うのは時間的にも大変ですので、限られた時間にスムーズに転職活動が進められるよう、事前にネット環境やプライベート用のメールアドレスをきちんと整えておくことは大切です。

なぜなら最近では個人情報問題のため、会社でのセキュリティが強化されていますから、就業時間中のメールチェックやインターネットリサーチによって、不要な疑いをかけられないように注意する必要があるからです。

そのほかにも応募する際には、履歴書の備考欄や送付状などに、「〇~〇時は就業中のため電話に出られない可能性が高く、〇時以降のご連絡をお願い申し上げます」と記載して、緊急以外の連絡時間をあらかじめ決めておくといいでしょう。またスマホを活用するなど、自分に適した連絡方法を工夫することです。ただし、遅くても19時くらいまでには連絡できるように相手の立場も考慮しましょう。

すきま時間を活用する

また転職活動が進んでくると、面接などで会社を休まなくてはいけない場合があります。終業後の時間で調整できれば良いのですが、止むを得ず早退や有休が必要となる場合は、在職している会社の仕事の都合などを考えて計画的に有休を申請するようにしましょう。

有休以外にも土日などを有効活用して、公募先の会社にも在職中であることを伝えて配慮してもらいましょう。また「時差出勤を利用して朝一番の面接にしてもらう」「昼休みを利用する」なども有効でしょう。

さらに面接用の服装をコインロッカーに入れておくなど、服装の準備にも気を配って、転職活動をスムーズに進めましょう。

転職サイトや転職エージェントの活用と情報公開の範囲設定をする

このように転職活動は様々な面に気を配りながら進めていく必要があり、在職中の転職活動であればなおさら負担も大きくなるでしょう。キャリアアップのために転職を決意したにも関わらず、転職活動疲れから決断を早まったり妥協が生まれてしまうことの無いよう、自分自身での仕事探しと並行して人材紹介会社や転職サイトを利用した効率的な転職活動おすすめします。

人材紹介会社を利用すれば希望する仕事への応募から面接日や給与の交渉など、個人では言いにくいことも交渉してもらえるので負担が軽くなります。一方、自分の職務経歴や資格などを登録しておくだけで、企業から直接スカウトを受けられる転職サイトもあります。この方法では、自分では気づかない業種や職種の求人と出会うこともあるので、選択肢が広がります。

まとめ

働きながらの転職は大変なことも多いと思いますが、あくまでも軸足は在職している会社にあることを忘れずに、誠意ある態度を通し続けましょう。周囲への気配りを忘れずに、確固とした転職意思を持って、じっくりと納得できる会社を探してください。