結婚前?出産後?女性のライフイベント前後の転職で注意すべきこととは??

働く女性にとって、結婚や出産などのライフイベントが仕事に与える影響は大きいものです。そのため、転職のタイミングに悩む人も多くなります。そこで本記事では、結婚や出産などのライフイベントが与える転職への影響や注意点などをご紹介します。

c89ad105f437f5b21d913fff37247684_s

働く女性にとって、結婚や出産などのライフイベントが仕事に与える影響は大きいものです。そのため、転職のタイミングに悩む人も多くなります。そこで本記事では、結婚や出産などのライフイベントが与える転職への影響や注意点などをご紹介します。

ライフイベント毎にキャリアプランの見直しを

結婚や出産は、仕事や将来設計を考える絶好の機会です。自分にとって、働くことはどういうことなのかを考え直してみることが重要です。

たとえば、現在働いている会社でキャリアを積んでいきたいのか、それとも転職をするのか、仕事内容を重視して雇用形態にはあまりとらわれないのか、育児期間にも働き続けたいのか、などをまずは自分に問い直してみることが必要です。

キャリアについては、漠然としていても目標を持つことが重要です。客観的に自分のキャリアと目標とを照らし合わせて、スキルアップするために必要なことをリストアップして、何をすべきかを明確にしておくといいでしょう。

結婚している人やこれから家庭を持つ人は、パートナーの協力も必要なので、よく話し合い、出産の時期なども考えておきましょう。

結婚の転職活動への影響とは?

結婚という人生の一大イベント。独身の時に転職活動を行うと「結婚する予定はありますか?」と面接官に聞かれることもあります。予定がある際には、正直に「ある」と答えましょう。働き方や残業の仕方にも影響があるので、理解を示してくれる企業を選ぶことが何よりも重要です。

また、パートナーの仕事が転勤の多い職業の場合があります。結婚時には、パートナーのこれからの予定をまずは確認しましょう。一緒に移動しようと考えている場合は、転職に役立つ資格やスキルを意識して身に付けるなど、事前に準備しておくと良いかもしれません。

結婚を機にパートナーと同居するために転職活動が必要な場合も、「結婚していると不利になるのではないか?」と心配しすぎることはありません。企業が見ているのはあくまでもスキルと人間性、会社とのマッチングです。前職での経験や転職への情熱、自分が必要な人材であることを伝える方が大事だということを忘れないでください。

出産や子育ての転職への影響と必要な準備は??

30歳前後の女性の場合、現職が結婚や出産後も働きにくい環境ならば、仕事と家庭の両立がしやすい会社への転職を視野に入れてみるといいでしょう。この年代の転職は、経験やスキルへの採用側の期待値も高く、選択肢も多いので転職しやすいからです。

出産前の転職で注意すべきは育児休暇です。育児休暇を取得するためには、その会社で1年以上前から継続して働いておくことが必要です。転職する場合には、出産の1年以上前には転職をして職場での信頼も築いておきましょう。

出産後の転職に関しては、「子育てしていると転職は不利になるのでは?」と考える方も多いかもしれません。確かに働ける時間帯などが、出産前に比べて制限されるのは事実です。スムーズに転職活動を進めるためには、転職活動を開始する前に周囲の環境を整理することからはじめましょう。

例えば、パートナーや両親など、まわりに協力してくれる人を探しておくことが重要です。また、協力してくれる人がいても、時には子どもの急な風邪などで看病な必要な場合もあります。病児保育を引き受けてくれる保育園やサービスを予め探しておくなど、仕事と育児を両立できる準備をしておきましょう。忙しい時期に残業が必要になりそうな場合は、夜間の延長保育がある保育園を探すなど、準備を整えておくことも大切です。

子育てが大きく転職に影響するというよりは、子どもがいる世代は、キャリアを積んでいる30代であるケースも多くなっています。その場合は即戦力が求められるので、子どもがいる場合でも自分の経験やスキル、転職先に貢献できることなどをしっかりと整理しておく必要があります。

出産後の実際の面接では、誠実に現状や条件を話すとともに、働く時間が短くても将来にわたって成果を出せることなどをアピールしましょう。面接で聞かれる基本的な質問項目への対策も抜かりなく行ってください。

まとめ

事前の準備をしっかりすれば、結婚や出産などのライフイベント前後の転職活動もスムーズに行えます。不利になるのでは?と過度に不安になるのではなく、しっかりと準備を整えることから始めてみてください。