情報セキュリティポリシー

履歴情報および特性情報について

「個人情報」とは、当社が、Webサイト運営業務に伴い求職者の皆さんおよび求人企業のご担当者様から取得する会員登録情報、申込み情報等、特定の個人を識別することのできる情報を指します。 「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用頂いたサービスや、ご覧になったページや広告の履歴、利用者が検索した検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、お客様のIPアドレス、クッキー情報、携帯端末の個体識別情報などを指します。

履歴情報および特性情報の取得

当社は、利用者が会員登録する際に郵便番号や性別、職業などをお尋ねします。また、当社は、利用者が利用されたサービスやソフトウエア、購入された商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、ご利用環境(ご利用に際しての各種設定情報なども含みます)、お客様のIPアドレス、クッキー情報、携帯端末の個体識別情報などの情報を、利用者が当社や当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下「提携先」といいます)などのサービスをご利用になったりページをご覧になったりする際に取得する場合があります。

履歴情報および特性情報の利用目的

当社は履歴情報および特性情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

  1. ログインが必要なサービスで、同じ利用者からのアクセスかどうかを確認する場合
  2. 利用者のセキュリティを確保するため、一定の時間が経過したお客様に対してIDやパスワードの再入力を促す場合
  3. 当社や当社から広告を配信している提携先サイトの利用者数や当社や提携先サイトへの誘導数を調査する場合
  4. 当社や提携先が最適なコンテンツ、広告、各種サービスのご案内などを利用者に配信したり提供したりする場合
  5. 当社や提携先が提供しているサービスや広告の内容を、充実させたり、改善したり、あるいは新しいサービスを検討したりするための分析・抽出等を行う場合
  6. 提携先に、どのような広告や情報、サービスなどを掲載または提供して頂く事が効果的であるかなどを分析して提供する場合

クッキー(Cookie)の使用について

当社の運営するWebサイトでは、クッキー(Cookie)を利用して、利用者がID、パスワード等を毎回入力する手間を省いたり、訪れたページの履歴情報などを収集することがあります。クッキー(Cookie)によって利用者の個人情報を取得することはありません。またクッキー(Cookie)の受取を拒否することができますが、この場合、当サイトが提供するサービスをご利用いただけない場合があります。

第三者が発行するクッキー(Cookie)について

当社が広告の表示および配信を委託している会社や当社サイト上で広告を表示している会社(広告主)など(以下「第三者企業」といいます)が、クッキー(Cookie)を設定している場合があり、この場合には、これらの第三者企業がクッキー(Cookie)の情報を取得します。なお、そのように設定されたクッキー(Cookie)は、当社に提供・開示されることはなく、当該第三者企業のプライバシーポリシーの元で管理されます。当社サイト上で クッキー(Cookie)を設定している主な第三者企業およびプライバシーポリシーは下記のとおりです。利用者は、クッキー(Cookie)の利用を拒否することができます。第三者企業が発行するクッキー(Cookie)について、クッキー(Cookie) を無効にしたい場合の手続きについては、下記にご案内したページ等をご確認下さい。

当社では、Google inc.の提供するGoogle アナリティクスを利用して、上記のとおりwebアクセスの確認・調査・分析・抽出・広告配信等を行っています。Google アナリティクス機能のオプトアウト、広告設定のカスタマイズは下記ページをご確認ください。

アクセスログについて

当社の運営するWebサイトでは、利用者が本サイトにアクセスした場合、その情報を本サイトのWebサーバ上にアクセスログとして蓄積する場合があります。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名や使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。

SSLについて

当社の運営するWebサイトでは、皆さんに安心して入力していただけるように、個人情報を入力するページに暗号化技術のSSL(Secure Sockets Layer)を導入しています。SSLでは、入力されたデータは、お使いのパソコンで暗号化されてから登録先のコンピュータまでのネットワークを流れます。
注:SSLとは、ブラウザとWWWサーバ間の通信において暗号化と認証をおこなうことによって、第三者によるデータの盗用や改ざんを防ぐ技術です。

不正アクセスについて

当社の運営するWebサイトでは、ファイアウォールの設置により外部からの不正アクセスを防止するなど、サイト内における情報保護に万全を期しております。

クロスサイトスクリプティングの脆弱性について

当社の運営するWebサイトでは、Webアプリケーションの開発時に、適切な検査・処置を行っております。
注:「クロスサイトスクリプティング」は、Webページとして動的にHTMLやXML等のマークアップ言語のソースを生成する仕組みを設けている場合、セキュリティ上の問題となるものです。マークアップ言語のタグをエスケープする処理が不良であることにより、標的となるサイトに書かれているスクリプトが別のサイトのURLを含むように記述されて、サイトをまたいで(クロスして)実行されることから、「クロスサイトスクリプティング」と呼ばれています。