40代で成功する転職活動のコツ〜年代別転職テクニック~ 

40代の転職は、他の年代に比べ、経験が豊富であるという強みを持っています。では、実際に40代で転職を考えたとき、どのような点に注意すべきでしょうか?40代の転職活動を成功させるコツをチェックしてみましょう。

3-4年代別転職テクニック成功する転職活動のコツ40代編

40代の転職は、他の年代に比べ、経験が豊富であるという強みを持っています。しかしながら、求められるスキルが今までの経験と一致していることや、マネジメント経験など、求人のレベルも上がるため、より転職が難しくなってきます。

では、実際に40代で転職を考えたとき、高いハードルを超えるためにはどのような点に注意すべきでしょうか?以下で、40代の転職活動を成功させるコツをチェックしていきます。

40代で転職する際の強みとは?

40代転職の最大の強みは、何より「経験」が豊富であることです。志望企業の求めるスキルに合わせて、何をアピールすべきか、経験の中から引き出すことが可能であり最も重要です。

この年代になると、部下を持ってマネジメントに携わったり、経営に関する意思決定に関わるなど、組織の中の重要な役割を担うケースも多いかと思います。プレーヤーとしてだけでなく、組織のために役割を担った経験があることは、採用企業がこの年代の求職者に期待する点です。

家計を考慮しつつ転職の戦略を立てる

40代の転職理由は、大きく2つに分類できます。

  • 今の職場より良い条件を求めて転職先を探す
  • 倒産、リストラ、病気など、予期せぬ理由で転職先を探す

現職にとどまりながら良い条件を求めて転職活動をする場合、確実に転職先が決まってから退職することができます。

しかしながら、倒産、リストラ、病気など、自分の意志でなく退職せざるを得ない場合もあるでしょう。その場合は失業手当の受給など、収入源を確保するための対策が必要です。この年代は家族の扶養や教育費、介護など、多くの生活費かかる場合が多いでしょう。そのためには、月々の支出を考え、最低限いくら必要か、そのお金はどこから確保するか、最大いつまでに転職活動を終わらせるべきか、といった戦略が必要です。

また、求人企業を選ぶときや入社を決めるとき、最大限譲歩できる条件を最初にしっかりと持っておくべきです。なぜなら条件にこだわるあまり、転職を長引かせてしまい家計に大きなダメージを与えるというリスクもあるからです。

キャリアアドバイザーやファイナンシャルプランナーを活用する

自分の価値やスキルを客観的に評価するのは、とても難しいことです。

そこで役に立つのが、人材紹介会社の活用です。あなたの希望する条件水準が、実際の転職市場と合っているか助言してもらえます。また、自分では思いつかないようなマッチングで、経験を生かせる求人の紹介を受けられるかもしれません。特に40代の転職であれば、企業にとっても重要なポジションの採用であることから求人を一般公開せず、紹介会社を利用した採用活動を行う企業の割合が非常に多くなります。

一般的には、求人検索や面接のアレンジ、条件交渉など、時間や手間がかかる部分を仲介してもらえるというメリットがあり、効率的に転職活動を進めることができるでしょう。

40代は家族のことや自分の老後の蓄えなど、何かと経済的な面で大切な年代と言えます。この機会に生活設計を見直し、ファイナンシャルプランナーからアドバイスを得るなど、具体的な収支プランを考えるのも良いでしょう。

他の年代に比べ、求人数や条件などにおいては厳しい状況もありえます。その場合は、今まで培った人脈を見直し、就職活動のアドバイスを受けることも有効です。その関係性から、就職先を紹介してもらえる可能性もありでしょう。

40代転職で大切なことは「柔軟さ」

この年代で大切なのは、「柔軟さ」です。

豊富な経験は武器となりますが、アピールしすぎると、以前の経験にこだわりすぎる、または前職でのやり方に固執する人、と捉えられる可能性があります。面接官が懸念するのは、経験があればあるほど自分たちの組織の中に溶け込んでやっていける人なのか、という点です。今までの経験は武器にしつつ、新しい環境の中でもその職場の運用を理解し、人間関係を築いていくことができることを十分に伝える必要があるでしょう。

また、倒産やリストラ、病気などの理由で転職する場合、伝え方には注意が必要です。もちろん事実を伝えることは大切ですが、前向きな志望動機を交えつつ面接官に対してポジティブな印象を与えられるような志望理由を伝えることが必要です。

賢く考え、転職を成功させよう!

40代の転職は、今までの経験を武器に、さらに新たな経験を積み上げるチャンスです。しっかりとした戦略を立て、柔軟に対応していける力が、成功への近道となるでしょう。