[職務経歴書パーフェクトガイド]履歴書と職務経歴書の違い

転職活動に欠かせない履歴書と職務経歴書。それぞれの役割を知り、メリハリのある書類を作成することは、「面接への切符」を左右する重要な要素です。2つ違いをしっかりと理解し、アピールするポイントを押さえましょう。

履歴書と職務経歴書の違い

転職活動に欠かせない履歴書と職務経歴書。それぞれの役割を知り、メリハリのある書類を作成することは、「面接に呼ぶかどうか」を左右する重要な要素です。この2つの書類は応募企業の担当者が最初に目にする「あなた自身」だからです。それぞれの役割をしっかりと理解した上であなたの良さを最大限にアピールしましょう。

履歴書と職務経歴書の役割の違い

履歴書はいわば基本情報。今までの歴史や人となりを表現するのに適しています。一方、職務経歴書は今までしてきた仕事などの経験を踏まえ、今後どんなことに貢献できるかをアピールする書類と捉えるとよいでしょう。

以上のように両者の性質は異なります。あなた自身をそれぞれの書類でどのように表現するべきか、大まかに方向性を決めて役割分担をすることが大切です。では、次に履歴書と職務経歴書の具体的な記載内容を確認しましょう。

履歴書に記載すべき項目とは?

一般的には以下の項目を記載します。

  • 氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス

応募企業から連絡を受ける上でも大切な基本情報です。

  • 学歴、職歴、資格

西暦か和暦に統一し、卒業年や入社・退社年月、資格取得時期を記載します。職歴は、概要のみを記載します。詳細情報は職務経歴書に記載しますので、履歴書では会社名、部署名、役職、在職期間の基本情報のみを記載しましょう。

  • 写真

応募企業の担当者にとって、まだ会う前の「あなた」を推測する重要な情報です。清潔感のある明るい写真を貼ることで、担当者に良い印象を与えます。アクセサリーの着用は避け、ビジネススーツやジャケットを着用しましょう。笑顔である必要はありませんが軽く微笑む程度の自然な表情を心がけ、正しい姿勢で撮影に臨みましょう。

  • 趣味・特技

趣味・特技で採用の合否が決まることは多くありませんが、そこから読み取れる人物像は判断材料の一部となります。例えば読書が趣味であれば「知見を広め向上心がある人物」と想像したり、アウトドアやスポーツなど一見業務とは直接関係がないと思われる特技であっても「活発で健康的な人物」という印象を受けるものです。活動頻度やレベルなどを具体的に記載し、人がらが伝わるように心がけましょう。

  • 志望動機

応募企業が求職者の本気度を測る上でも重要なポイントです。「入社により実現したいこと」、「その実現のために活かせるキャリア」そして「入社により生まれる企業にとってのメリット」を志望にいたった背景を含め具体的にまとめましょう。履歴書に記載するスペースが十分に取れなければ、職務経歴書の最後や別書類として作成することをお勧めします。

職務経歴書で表現すべき内容は?

履歴書は記載項目がはっきりしているのに対し、職務経歴書はあなたの経験や強みを余すところなく表現することが可能です。次のポイントを意識して職務経歴書をまとめてみましょう。

  • 仕事内容や実績、仕事を通じて得たこと

履歴書で記載した職歴(会社名、部署名、役職、在職期間)に、具体的な仕事内容を記載します。売上実績や社内成績、表彰経験は客観的にあなたの能力をアピールできる情報となりますし、仕事から得られた技術や考え方を記載することで、仕事に対する姿勢を表現してみましょう。

  • スキルや資格

応募企業で必要なスキルや資格は積極的に記載します。仕事上で活かした具体的な事例も記載できれば、応募企業での具体的な活躍をイメージしたり、興味を持ってもらえる可能性が高まったりします。

  • 自己PR

今までの内容を踏まえ、さらに応募企業でどのように活躍できるか、改めてあなたの価値をアピールします。具体的なエピソードを交えながら、応募企業で活かすことのできる長所や強みをアピールしましょう。

履歴書・職務経歴書共通で注意したいこと

誤字脱字は厳禁です。忙しい担当者が読むということを意識し、見やすいレイアウトにしましょう。また記載内容も少なすぎたり多すぎたりすることなく、履歴書・職務経歴書それぞれに合う適度なボリュームを心がけましょう。(職務経歴書であれば、A4用紙2~3枚)

履歴書と職務経歴書の違いを知ってあなたを最大限に表現しましょう

履歴書と職務経歴書を作成する前にそれぞれの役割を理解しておくことはとても重要です。その上で応募企業に伝えるべき情報を整理し、履歴書と職務経歴書それぞれに適した情報を記載することであなたの魅力を最大限にアピールしましょう。