転職を成功させる企業選びのポイント

条件が曖昧な状態で企業選びを進めてしまうと、入社後に「こんなはずじゃなかった」というミスマッチが起きてしまいます。ここでは、自分に合う転職先を見つけるための企業選びのポイントを解説します。

転職を成功させる企業選びのポイント

転職を成功させるために、企業選びは大変重要なポイントです。まずは、自分にとって何がMUST条件で、何がWANT条件なのかを正しく見極めることが企業選びの第一歩となります。

自分の希望する条件が曖昧な状態で企業選びを進めてしまうと、転職活動中に本当に希望する会社が分からなくなってしまったり、入社後に「こんなはずじゃなかった」というミスマッチが起きてしまいます。

ここでは、自分に合う転職先を見つけるための企業選びのポイントを解説します。

条件を書き出す

まずは次の項目において、自分の具体的な希望を書き出します。

  • 仕事内容
  • 希望給与額、必要最低金額
  • 雇用形態
  • 勤務時間、休日、休暇
  • 勤務地、通勤時間
  • 企業規模、職場環境
  • 経営理念、社風
  • 評価されるポイント

その際、例えば雇用形態なら「契約社員スタートでもいいから、将来的には正社員になりたい」など、中長期的な希望も書き出しましょう。

また評価されるポイントについては、同じ仕事でも「言われた仕事をきっちり仕上げることが評価される」ということと、「指示なく自分からどんどん仕事を見つけて進めることが評価される」ということでは、評価がまったく異なります。

例えば、決められたことをきちんとすることが得意な人が、指示のない環境で働いても自分の長所を生かせませんし、自発的に考え進めることが得意な人が、決められた仕事しかできなければ、やりがいを感じられないでしょう。

つまり評価されるポイントというのは、自分の長所を生かして働ける会社を見つけられることであり、自分に合う会社を見つけるために重要なポイントのひとつなのです。

MUST条件、WANT条件に分ける

たくさんの条件や希望を書き出した後は、それらを絶対に外せないMUST条件と、できればというWANT条件に分けます。

このMUST条件とWANT条件は、年齢や境遇によっても変化していきます。

例えば、キャリアアップにチャレンジしたいのであれば、仕事内容が最も重要な条件となりますが、結婚して家庭を持ったり、育児と両立させながら働く場合であれば、希望条件の中での優先順位は勤務時間や給与などの労働条件にシフトすることも考えられます。

そのためこれらの条件は、まずは“今の自分”にとっての絶対はずせない条件、ということをしっかり考えて分けていきましょう。

面接で条件を確認する

条件をしっかり整理できたら、次はその条件に合う会社を探します。

しかしエントリーや面接を進めていく中で、自分の経験やスキル不足で、希望の仕事に就けなかったり、希望する給与水準に届かないという壁に当たる場合もあるでしょう。

そんな時は面接で、“キャリアの中長期視点”を確認することも重要です。

「今はまだ経験やスキル不足だと思いますが、御社で経験を積みスキルをつけ成果を出せば、いずれ希望の仕事を任せてもらうことはできますか?」

「将来的には正社員を希望していますが、御社で正社員を目指せる制度はありますか。同じ職種で正社員になった方のロールモデルがあれば教えていただけますか?」

これらの質問のように、同じ職種の方がどのようにステップアップしていったのか、実際に在籍する方のロールモデルを教えてもらうというのは、イメージがわきやすくとても良い方法のひとつでしょう。

短期的、中長期的なビジョンを持って選ぶ

多くの方が就職活動の際に自己分析を経験していると思います。転職においても、自分の経験や強み、希望する条件を整理できる自己分析は、よりよいキャリアを積んでいくために必要な作業です。

自分と向き合い、短期的・中長期的なキャリアビジョンをもって企業を選ぶことが、あなたの転職を成功へ導くでしょう。